natural hands

ナチュラルハンズで一番人気のコインケースとミニ財布

 
今回はナチュラルハンズのプロダクツの中でも人気が高くコンパクトに使えるミニウォレットのPATTAについて細かく説明したいと思います。
 

コインケース レザー 経年変化 エイジング 折り紙 ブラウン 
 

折り紙のような折っただけの作り

こちらは見た目のインパクトもあり、裏にお札やカードも挟めるために使い勝手もよく、折っただけの構造なので半永久的に使っていただけます。
僕の友人が畑仕事中に落としてしまい、もう見つからないと諦めていたのですが数日後に畑で動物に噛まれていたのを発見しました。運よく花びらのような部分だけが噛みちぎられていただけだったので、機能的に問題なく今だに使ってくれています。ちょっとやそっとじゃ壊れない財布ですが、形になるまで試行錯誤してきました。

 
 

ラバーコインケースからヒラメキをもらう

一番最初にヒラメキとイメージをくれたのは友人でした。
10年くらい前に友人とコンビニに行ったときのコトでした。僕は職業柄、日常的に人の財布をチェックしてしまいます。怪しく思われてないかと心配な時もありますが、レジなどで並んでいる時に見てしまいます。
そしてその友達が使っていたラバーコインケースの簡単な作りに、これだ!とボヤッとしたヒラメキをもらいました。
ずっと頭の中で、ボタンやチャックなど壊れてしまうものを使わずに革本来の強度を感じられるシンプルな作品を作りたいと想っていたので、最初は衝撃的でした。忘れもしない札幌の西区のコンビニです。

ラバーコインケースの画像

 
 

花びらのような形の小銭入れ

それから数年後、イタリアでのスキルアップ中に偶然見つけてしまった小銭入れ。その時は買うほどお金のない生活を送っていたので写真を撮って日本に帰国後に試作第1号を作りました。
まず構造が理解できず、何度もコピー用紙で折り紙を繰り返し、なんとかできたパターン(型紙)で見よう見まねで作りました。
コインケース 使いやすい

 
 

使いやすく更に良いモノへの進化

写真に撮ってきたモノをそのまま再現したのですが、12角形の作りに花びらが細かく、開き安くてコインが落ちる心配もありました。またコピー用紙で折り紙をしながら試行錯誤して、8角形で花びらを大きくして作ってみました。花びらの一枚一枚が大きくなったことで、しっかりと蓋をしてくれている感じもあり、デザイン的にも良くなりました。

 

 

ここにURL

 
 
 
お札やカードも挟めて、使い勝手が良いタイプも

僕は当時コインケースを別で持ち歩くという事がなかったのと、カバンを持ち歩く事が少なかったので、ポケットに入れても膨らまない財布を考えていたので、お札やカードも入れられたらいいなぁと思っていました。
そこでカードの収まりの良いサイズに変えて、裏にポケットをつけて完成に至りました。
イベントに遊びに行った時やコンビニにちょっと買い物に行くときなど、大きな財布を持ち歩きたくないシーンは誰にでも良くあると思います。
そういう時はポケットにこれだけ突っ込んで出かけられます。SUICAなどの電子マネーカードを入れとけばそのままピッといけますので、特徴的な形をしたカードケースとしても使って頂けます。
 

お札やカードは勝手には落ちない

そこでよく心配されるのが、スルッとカードが落ちないのか?ということです。
結論からいうと、落ちません。僕が使っている時や、周りの友人から聞く話でも落ちたり失くした事例はありません。
何故かというと、まず革という素材が伸びたり縮んだり柔軟だからです。
人によって同じ財布でも、数年後には全然違う表情になります。たくさんカードを入れる人の財布は、カードの部分の革が伸びて程よく馴染みます。
ある友人が少し心配しながらも購入してくれたことがあり、1年後に久しぶりに会った時に心配が全くいらなかったと褒めてくれた事がありました。その友人はある日、お釣りでもらった千円札9枚をギチギチに差し込んだのに、その後一回も落ちた事がないし、入れた枚数によってそのうち落ち着いてくると言ってました。裏のポケットも最適な幅で縫いつけているから完璧!とありがたい言葉をいただきました。
 

コインも普段使いで落ちることはない

友人の評価などでもコインがポケットの中でバラバラになった事もないし、落としてもコインが散らばる事が少ないです。さすがに落とした場合、当たりどころが悪かったりすると散らばる事もあると思いますが、レザーは使うごとに馴染んできて新品と比べると柔らかくペタッと形付いてくるので、時間とともに尚更コインが落ちづらくなってきます。

 
 

2種類のタイプを用意しています

コインケース専用の手のひらサイズの patta-S と、裏ポケットがついてサイズを少し大きくしたミニウォレットタイプの patta-M の2サイズを作りました。
patta-Sサイズは直径7cmで手に馴染みやすく、裏には透かしの麻の葉模様などを入れています。
patta-Mサイズは直径9cmの8角形で、裏には2枚のサイズ違いのポケットがありのでぜひ見てみて下さい。

 
 
natural hands HABU

natural hands

natural hands 北海道大雪山の麓の上川町で、オリジナルハンドメイドレザーアイテムを作っています。 natural hands 北海道大雪山の麓の上川町で、オリジナルハンドメイドレザーアイテムを作っています。

北海道大雪山の麓の上川町で、オリジナルハンドメイドレザーアイテムを作っています。

屋号 natural hands
住所 〒078-1733
北海道上川郡上川町栄町40 北の森ガーデン内
電話番号 080-4505-3377
営業時間 10時~17時 (休日: 不定休)
代表者名 土生 朋大 (ハブ トモヒロ)
Email customer@naturalhands.info